Blog&column
ブログ・コラム

排水溝の臭いが気になる。対策方法をご紹介

query_builder 2023/03/01
コラム
51
排水溝の嫌な臭いに悩まされた経験がある方は多いと思います。
部屋の中まで臭いが行き渡ってしまうのは困りものですよね。
では、排水溝の臭いはどう対策すればいいのでしょうか?
今回は、排水溝の臭い対策方法についてご紹介します。

▼排水溝の臭い対策方法
■油はそのまま流さない
油は冷めてしまうとパーツに付着しやすくなります。
付着して腐敗することにより臭いが発生するので、油を使ったら流さないで拭き取るようにしましょう。
油が多くて拭き取りが難しい場合は、凝固剤を使うのがおすすめです。

■お湯(50~60度)をかける
臭いの元である雑菌は熱に弱いです。
菌は50度以上で繁殖しにくくなるので、お湯をかけましょう。
60度以上のお湯をかけると、排水管が溶けてしまう場合もあるので50~60度のお湯にしてください。

■アルコール除菌かクエン酸スプレーをかける
アルコールは菌の発生を抑え、クエン酸には抗菌作用があります。
排水溝を使った後や掃除の後に、アルコール除菌またはクエン酸スプレーをかけましょう。

■ゴミ受けにアルミホイルを入れる
アルミホイルは水に触れると、アルミニウムイオンが発生します。
アルミニウムイオンは、抗菌作用があるので菌の繁殖を防ぎます。
アルミホイルは2センチくらいに丸めて、ゴミ受けに入れましょう。

▼まとめ
今回は、排水溝の臭い対策方法についてご紹介しました。
排水溝の嫌な臭いは、ちょっとした心がけで防ぐことができます。
臭いが気になる場合は、ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

NEW

  • 日立のおそうじ機能付きエアコンをクリーニング!

    query_builder 2022/02/11
  • 大崎市でキッチンおそうじ。

    query_builder 2022/02/06
  • お子様にも安心のお掃除です。

    query_builder 2022/01/11
  • なかなか気付かないエアコンの内部の汚れ

    query_builder 2021/11/03

CATEGORY

ARCHIVE